専門学校を選ぶ場合に気をつけたいポイント

カリキュラムや施設は充実していますか?

専門学校選びでは、カリキュラムだけではなく、それに見合う講師が揃っているかを確認しておくことが大切です。高校までの授業では基本的に同じ科目であれば同じ内容を学ぶことになります。しかし専門学校では、同じ科目名であっても講師や学校ごどにカリキュラムが異なってきます。例えば、授業では外国語やビジネスマナーを取り入れながら進めたり、特に講師の専門分野を重視して授業を展開したりすることがあるからです。
また、十分な施設が整っているかを確認することもコツになります。それは、特にゲーム制作では最新機器を使うことでより質の高い作品を作ることができます。また、そのような最新機器を使いこなせるようになることが就職においても重要です。

就職指導は充実していますか?先輩達の就職の実績も大切です

就職でより良い会社に働くためには、その専門学校が業界からどのような評価を受けているのかということが重要です。専門学校では、業界の中で数多くの先輩達を輩出して実績を積み重ねてきています。その中で就職のパイプを広げ、就職率を高めていきます。そのため、就職の実績として、特に先輩達がどのような会社に就職できたのか、何人できたのか、それが何年度の実績なのかを確認しましょう。
また、就職指導がどれだけ充実しているかに注目することも重要です。専門学校では、安定して高い就職率を維持するために、一年生の時から就職のためのカリキュラムを設定していることか多いです。専門教科に限らず、基本的なビジネスマナーを身につけてきたか、幅広い教養を身につけてきたかということも就職において評価されます。